本文へスキップ

鹿児島 歯科 毛利歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-256-1885

〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F

インプラント

インプラント治療を受けたいのですが、受けられない場合もあるのですか?

・ほとんどの方が受けられますが、条件によってはおすすめしません。
・インプラント治療は適応範囲が広く、
術後の効果も大きく期待できる治療方法に進歩したといえるでしょう。
・しかし、お口の中や身体の状態によっては、治療をおすすめできない場合があります。
・インプラント治療には外科的処置に十分耐えうる健康状態でなければなりません。
また、手術が可能であっても、重度の心臓病や糖尿病など、
治癒能力の低下が考えられる疾患をお持ちの場合は、程度にもよりますが、
内科担当医と相談のもと治療法を選択することをおすすめします。
成長期のお子さんは成長が止まってからが好ましいです。
高齢者の方は、通院が可能であれば特に問題ないと考えられます。
また、非常にまれではありますがチタンにアレルギー反応をお持ちの方は禁忌です。
極端にあごの骨がやせてしまっている場合は、治療が困難となる場合があります。
しかし、ある程度であれば、骨を増やす処置を行う事により、インプラント治療は可能になります。
最後にインプラントといえども、
プラークコントロールが上手にできないとインプラント歯周炎(歯周病に類似)になり、
インプラントを長持ちさせることができなくなります。
したがって、残っている他の歯の適切な処置と、十分なプラークコントロールが必要条件となります。

インプラントもメインテナンスは必要ですか?

・必ず必要です。
・「メインテナンスは、治療の延長」と考えてください。

手術の時に入院する必要はありますか?

原則的には入院の必要はありません。インプラントの埋入手術は局所麻酔で行い、
手術後はすぐに帰宅することができます。


インプラントはどれくらい長持ちしますか?

材質的には半永久的に持つといわれますが、
手入れが悪ければ長持ちしないのは天然歯と同じです。
基本的に通常のブラッシングで大丈夫ですが、定期的にかかりつけの先生におみせください。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

骨が成長期にある未成年の方はインプラント治療をできませんが、年齢の上限はありません。
ご高齢の方でも健康状態や骨の状態が良好であれば基本的に治療可能です。

隣の歯がむし歯になったりすると、インプラントも影響を受けますか?

もしむし歯などで、隣の歯を抜歯することになっても、直接インプラントには影響ありません。
抜歯したところに新しくインプラントを埋め込むこともできます。

インプラントを勧められたのですが、入れ歯とはどう違うのでしょうか?

・インプラントは人工歯根ですから、その機能は天然歯にかなり近く、一方、入れ歯は道具ですから、使い方を覚えたり、調整が必要になります。部分入れ歯では、
残された歯への負担が大きくなりますし、総入れ歯では、
「入れ歯が動く」「上の入れ歯が落ちる」などといった不満の要素を抱えることが多くなります。
・良い入れ歯を作ればその不満要素は解決できるでしょう。しかし、治療後の安定性をみると、
インプラントの方が患者さんの満足度は高いといえます。
・インプラント治療では食事の際の味覚は治療前後で変化するものではありませんが、
入れ歯ではその入れ歯の大きさに比例して味覚が低下します。
インプラントは外科処置すなわち手術が必要になることから、
全ての患者さんに適用できるわけではありません。また、
一般的に治療費も入れ歯より高いものになります。以上のように、
「インプラント」と「入れ歯」にはそれぞれ長所短所があります。
歯科医師の説明を聞いて両者の治療をよく理解し、
自分にあった治療法を選択するようにしてください。歯を抜いた部分の治療として、
「インプラント」と「入れ歯」を比較した場合、その違いは非常に大きいと思います。

私は歯ぎしりがひどいらしいのですが、インプラント治療をした場合、
長く保たせることはできますか?

・「歯ぎしりをする方へは、インプラント治療をすすめない」というのが、一般的な考え方です。
インプラント治療とは、天然の歯根の代わりに人工の歯根(インプラント体)をあごの骨(歯槽骨)に埋め込み、その土台の上に人工の歯(歯冠)を取り付ける手術のことをいいます。
インプラント体とあごの骨がしっかり結合する前に、
歯ぎしりのような大きな力が加わる事は避けなければならないことなのです。
・あごの骨に埋めたインプラント体や人工的に作られた歯冠へのダメージは想像に難くありません。
・インプラント治療をご希望で歯ぎしりをする患者さんにご説明することは、
いま述べたような危険性、そして歯ぎしりに対する予防法と治療法です。


毛利歯科クリニック毛利歯科クリニック

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F
TEL 099-256-1885
FAX 099-256-2040