本文へスキップ

鹿児島 歯科 毛利歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-256-1885

〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F

入れ歯

入れ歯ははずして寝たほうがよいでしょうか?つけたまま寝たほうがよいのでしょうか?

入れ歯はどんなに適合が良くても、歯ぐきや残存歯にとって何らかのストレスになっています。
寝るときは原則的にこのストレスを取り除き、口腔内に分泌してくる唾液で粘膜や
残存歯周辺の組織に触れ合うようにして下さい。
唾液による自浄作用の効果を発揮させるために、口の中の汚れを徹底的に除去することが必要です。
残存歯があればその周囲を良く磨き、入れ歯も丁寧に汚れを落とします。入れ歯専用の
ブラシや入れ歯洗浄剤を使うと効果的です。
・例外的に残存歯の状態・くいしばりなどの要因・睡眠時無呼吸
症候群等により義歯を入れたままの方が良いケースもありますので
かかりつけの歯科医にご相談下さい。


上の総入れ歯がすぐに落ちてイライラします。外れないようにすることはできますか?

・まずその原因を調べることが必要です。
入れ歯を長期間使用することで入れ歯も微妙にすり減ってきます。
以前に比べ、入れ歯の安定感が変化したり、入れ歯がガタガタしていませんか?
まず、かかりつけの歯科医に調整してもらって下さい。
・総入れ歯では完全に外れないように固定することはできません。
ただ、現在ではインプラント治療という選択肢があります。

上の歯が数本残っています。総入れ歯にした方が良いでしょうか?
なるべく抜きたくありません。

まず残存歯の状態を調べることが必要です。
大事な最後の歯です。歯を残すことを考えて下さい。それぞれの歯のむし歯の具合や、
歯の神経治療の有無、歯の動揺の程度などをチェックします。
入れ歯を安定させるための仕組みは、部分入れ歯では、
残っている歯に金属製のバネなどを用いる方法が一般的です。
しかし、総入れ歯を安定させる方法は、部分入れ歯と全く違います。
歯がないわけですから、安定した機能を回復させるにはいろいろと大変なのです。
入れ歯の安定のためには、1本でも歯が残っていた方が有利です。
また、咀嚼するときの満足感にもつながります。
歯を残す方法をよく相談してみてください。



毛利歯科クリニック毛利歯科クリニック

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F
TEL 099-256-1885
FAX 099-256-2040