本文へスキップ

鹿児島 歯科 毛利歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-256-1885

〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F

補綴 技工所

クラウンやブリッジは何年ぐらいもつ?

クラウンやブリッジのような補綴物はそう簡単には壊れません。
といっても永久的に持つ、というわけてもありません。人間の噛む力はたいへんなもので、
自分の体重と同じくらいの力を歯にかけることができます。
その強い力で毎日の食事などで圧力をかけるわけですから、消耗度はたいへんなものです。
それに温度差、酸やアルカリなど食べ物からくる刺激、そしてプラークという大敵、
それらの厳しい条件がクラウンやブリッジを襲います。個人差もあるので、
一概に何年持つとはいえないのですが、10年持てばよしとしなければなりません。
そして、長持ちさせるためには、正しいブラッシングが欠かせません。


最近、前歯に金属を使用しなくなっているのはなぜですか?

確かに前歯に金属を使っている人は少なくなりました。美意識が向上し、
外から見える歯については、自然観が求められるようになったからだと思われます。
また、小さな虫歯の場合は、金属より白いレジン(プラスチック)を詰めるなど、金属以外の
材質が多く使われるようになってきています。今では、奥歯も金属冠をかぶせる代わりに、
自然に近いポーセレン冠(陶材)などをかぶせることが多くなってきました。

補綴物を入れて、噛み合わせが悪かったり痛んだりするときはどうすればいいのですか?

補綴物をつくるとき、その人の歯の型を取って(印象採得)
ぴったりと合う補綴物をつくるわけですが、同時に噛み合わせも調べます(咬合採得)
そのように十分に注意して慎重につくるのですが、入れたばかりだと慣れないので、
違和感を抱くことはあるでしょう。通常は慣れてくるのですが、
どうしても違和感が続くようでしたら歯科医院を訪ねて調整してもらってください。
また、補綴物が何かにぶつかって壊れたり、ひびが入ったり、クラウンをかぶせた脇から虫歯になって痛む場合なども、歯科医院に行ってみてもらうことが大切です。


毛利歯科クリニック毛利歯科クリニック

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F
TEL 099-256-1885
FAX 099-256-2040