本文へスキップ

鹿児島 歯科 毛利歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-256-1885

〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F

かぶせもの

歯を削って大きな穴が空いてしまったり歯が無くなってしまったら…

 その歯には詰め物(インレー)をしたり、被せ物(クラウン)、架け歯(ブリッジ)もしくは入れ歯をしていかなくてはいけません。

〈インレーについて〉
 インレーはむし歯で大きく欠けてしまった部分を主に咬み合わせの部分を元の歯の形に戻すためにつめていくものです。
 まず、むし歯に侵された部分を削り、形を整えます。その後、歯型・噛み合わせをとり、その形に合わせて技工所で詰め物をつくり口の中に装着します。

〈クラウンについて〉
 クラウンとは咬み合わせの部分が虫歯で無くなってしまい、歯の形全体を被せることで咬みあわせを回復するものです。

〈ブリッジについて〉
 ブリッジは歯が抜けてしまった場合、抜けた歯の両隣に歯が残っている時に適用されます。
 まず、抜けた歯の両隣の歯を削ります(支台歯)。こうすることで、抜けた歯の土台ができます(支台歯形成)。
 次に歯型をとり、歯型にあうように技工所でブリッジ(クラウンとクラウンの間に人工歯を連続して固定)をつくります。あとはブリッジを口の中に装着し、咬み合わせの調整を行います。



歯が抜けたあと放っておくと…

 抜けた歯をそのまま放っておくと、両隣の歯が空いている空間に傾いたりします。また、今まで抜けた歯の部分に咬み合っていた歯にも影響し、歯並びが悪くなっていきます。そうなると歯ぐきに負担がかかり、むし歯や歯周病にもなりやすく、残った歯まで失うことになります。ブリッジは使用上特に違和感もなく、材料によってはダミーであることがほとんどわかりません。しかし人工歯部分の負担は支台歯にかかり、歯ぐきを痛めます。
 ですから、抜けた歯が1〜2本の連続した場合に限ります。(3本以上は保険適応外)また、支台歯はむし歯や歯周病の原因になりやすいので、良くブラッシングすることが大切です。
 
 これらの詰め物、被せ物は材料によって健康保険が効くものと保険の効かない(保険外治療)の2種類があります。

 また、歯が抜けたところに対する治療としてその他にも義歯(入れ歯)インプラントなどがあります。それぞれ適応がありますので、主治医と相談の上で治療を進めていきます。


毛利歯科クリニック毛利歯科クリニック

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F
TEL 099-256-1885
FAX 099-256-2040