本文へスキップ

鹿児島 歯科 毛利歯科クリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-256-1885

〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F

くいしばり

歯並びの影響または過去の歯科治療や喪失した歯をそのままにしていたなどの原因でかみ合わせに問題のある方が増加しています。それらの諸問題により無意識のうちにくいしばりが起きるケースが増えています。
当然、ストレスその他の問題にも多くの原因があるのですが…

皆さんは上下の歯があたっている時間は1日のうちでどれぐらいあるかご存知ですか?
実は正常な方は1日15分〜20分程度なのです。 
通常安静にしている時、上下の歯は1〜2ミリ程度離れています
そして、食事の時やつばを飲み込む時にあたる(接触する)のが正常な状態です。
したがって、それ以外の時間に強い力でくいしばると歯や歯周組織に大きなダメージを与えてしまいます。 多いケースとしては夜間のはぎしりやくいしばり、スポーツや重いものを持つときなど大きな力を出したい時、仕事や勉強など集中している時に無意識にくいしばっていることがあります。


これが短時間・弱い力であればさほど問題ではないのですが強い力・持続した力が加わると
@ 歯が磨り減ったり(磨耗・咬耗)
A 歯の根元近くがはがれおちたり(楔状欠損・知覚過敏)
B 局所的に歯周病が悪化したり(骨の垂直的欠損)
C あごの周囲の筋肉やこめかみ、首の筋肉がこったり筋肉痛を起こしたり
D あごの関節部に痛みや運動障害(クリック音や開口障害)
等を起こすことが多くなります。
当然その他にも原因がある場合も多いのですが…

そこで当院では

(1)一番初めの治療として一番安価で効果的な方法を提案しています。
  それは自己暗示によってブラキシズムを防止するというものです。
  (ブラキシズムとは、歯ぎしり・くいしばりをまとめた総称です)

次のステップとして
(2)ナイトガードタイプの軟らかいスプリント(マウスピース様の装置)を入れる方法

などがあります。


詳しくはスタッフにご相談ください。




毛利歯科クリニック毛利歯科クリニック

〒890-0064
鹿児島市鴨池新町6-6鴨池南国ビル2F
TEL 099-256-1885
FAX 099-256-2040